負債8億円からの新たな挑戦~人生を変える不動産投資~

国内外の不動産投資、事業投資、海外積立投資、海外保険など・・・ 本業の傍ら、片手間で身の丈を超えた投資を積極的に行うサラリーマンのサイト。

融資

#10 信金Sの法人融資

投稿日:2017年7月10日 更新日:

炎天下の中、汗だくになりながら
所有物件の草むしりをしました。

敷地面積が500坪近くあり
4時間ほどかけたものの
全体の1/3も出来ていません。

立ちくらみと、日頃の運動不足により
本当に足腰が立たなくなってきたため
禁じ手の除草剤を撒いて、一旦終了としました。

 

涼しくなる秋頃に
両親にお願いして助っ人に来てもらって
再度やろうと思います。
(両親は結構喜んでやってくれます(^_^;))

 

思い起こせば、去年の草むしりは
シルバー人材の80歳近いおじいちゃんが
一人黙々とやってくれました。
(今年転居してしまい、頼めなくなってしまいました。)

今年、自分一人でやってみて
こんなに大変な作業をやってくれたのか、と
今更ながらそのおじいちゃんの凄さが
よくわかりました。

 

ただ、ヘトヘトになりながらも
この原始的な作業を一心不乱にやったことで
変な爽快感というか、リフレッシュできました。

今回は、攻めの信金Sです。

 

スポンサードリンク

借入条件

【法人融資】
対象:新築W造
金利:2.5%
期間:25年
金額:1億円未満

 

この信金との出会いは
まだ一棟購入する前の
8年程前に遡ります。

 

4.5%銀行を使わずに
何とか1棟目を購入してやろうと
埼玉県の1.6億円の物件の融資を得るために
金融機関を手当たり次第回りました。

 

当時は年収も低く
見せれる自己資金も少なく
金融機関が不動産投資に前向きでもなく
ほとんどの金融機関が門前払いをする中で
唯一話を聞いてくれたのがS信金です。

 

話を聞いてくれた理由は
担当の方が著名不動産投資家の融資を担っており
収益不動産に対してかなりの嗅覚を
持っていたことによります。

 

物件概要を見た直後に
「これいいねぇ。最近見た中ではかなり良いよ」
と率直にコメントをくれた上で
「両親や親族からお金借りれないかな?
あと2000万円自己資金見せれればフルローンの稟議書けるよ。」
とまで言ってくれました。

 

この融資が実ることはありませんでしたが
「積極的な担当がいる」ということを
身をもって理解した出来事でした。
(今、この担当の方がどこにいるかは追跡できていません。
4年程前は本店の審査部にいたのですが・・・。)

 

最近の動向

当信金の大きな特徴としては
金利は2017年3月時点で2%前後ですが、
建物鑑定をクリアすることで中古RC/S造の融資期間が
耐用年数を超えて融資が可能です。
担当へのヒヤリングによれば
融資期間40年の実績もあるとのことで
都銀・地銀では融資期間が短く収支計算が合わない物件も
当該信金での借入の場合には成り立つ可能性もあります。
なお、建物鑑定も銀行担当より斡旋可能で、
5万円程度の費用で済むとのことです。
エリアは、東京、埼玉南部、神奈川北部で
支店からの距離がほど近いところまでとなりますが
やはり都心の物件を好んで融資します。
都心、かつ、木造でない物件であれば
持ち込む価値はあるかと思いますが
直近では自己資金を多く投入するよう求められます。
(だいたい2割ぐらいですね。)
そのため、物件を持ち込んではみるものの
融資が実ることはない、というのが実情です。
スポンサードリンク

-融資

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

#17 融資の異変

今日は久々に業者さんとお会いしました。 初めてお会いしたにも関わらず 相性が良かったためか話が盛り上がり 素晴らしい出会いだったと考えています。 話の大部分は目下進行中の 融資の引き締めについてで 詳 …

#21 借換の審査開始

先日、大手地銀さんのとある支店を訪れました。 この大手地銀さんとの これまでの相性は正直良くないです。 4~5年前から新規物件の持ち込みや、 既存物件の借換えでちょくちょく足を運んでいるものの 融資付 …

#24 地銀担当者と面談

休暇を活用し不動産業者さんと 金融機関を巡っています。 専業大家になれば物件の購入・売却のサイクルは 格段に早くなるでしょう。 ただ、1日の大半の時間を拘束される サラリーマン勤めによる固定収入は惜し …

#52 エビデンス確認がなかった銀行

  メインバンクの地銀では、この4月以降、融資姿勢に大きな変更はないことを担当から告げられた。以前にも書いたが、店舗や事務所といったレジ以外に対する融資は厳しくなったが、レジへの融資姿勢は変 …

#61 融資打診の断り文句

銀行開拓に苦戦する日々が続く。 埼玉県某所で土地の値段の割に、家賃が高く取れるエリアがあり、新築アパートを建てようと計画した。木造で利回りは10%弱、部屋の広さも30㎡超えの1LDKとし、賃料も割安で …

プロフィール

黒の投資家と申します。
30代の兼業大家です。

不動産投資を通じ、多くの人と出会い
実りある人生に変えつつあります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。