負債8億円からの新たな挑戦~人生を変える不動産投資~

国内外の不動産投資、事業投資、海外積立投資、海外保険など・・・ 本業の傍ら、片手間で身の丈を超えた投資を積極的に行うサラリーマンのサイト。

融資

#17 融資の異変

投稿日:2017年8月12日 更新日:

今日は久々に業者さんとお会いしました。

初めてお会いしたにも関わらず
相性が良かったためか話が盛り上がり
素晴らしい出会いだったと考えています。

話の大部分は目下進行中の
融資の引き締めについてで
詳細は後半に記載しようと思います。

今日は不動産以外のネタも
少しだけぶち込みますので
もしお読み頂ければ幸いです<m(__)m>

スポンサードリンク

 

靖国と千鳥ヶ淵への参拝

今日は靖国神社と千鳥ヶ淵の戦没者墓苑を参拝しました。

ここ数年、「敗戦の日」を迎えるこの時期に
訪れるようにしています。

 

歴史の授業で教わった
「終戦の日」という言葉の響きは
何となく当事者意識がなく聞こえます。

なぜ「敗戦の日」と
教えないのでしょうか?

日本軍だけが悪者で
彼らが起こした戦いが終わったから
「終戦の日」なのでしょうか?

いやいや、事実は違いますよね。

職業軍人も、私たちのようなサラリーマンだった人も
みんな戦ったんです。

私利私欲なく
家族のため、国のため、
未来の子供たちのために、
命がけで戦ってくれたんです

何のために戦ったのか・・・
侵略のためでしょうか?

いや、それも違いますよね。

1951年4月19日の米上院軍事・外交合同委員会で
連合国軍最高司令官として占領統治したマッカーサーは
証言しました。

「もし原料供給を断ち切られたら1000万~1200万人の失業者が
日本で発生するだろう。それを彼らは恐れた。従って
日本を戦争に駆り立てた動機は、大部分が安全保障上の必要に
迫られてのことだった。」

この証言は、
日本は侵略ではなく、自衛のために戦争したこと
を意味します。

アメリカにとっては
「侵略国家・日本を打ち負かした正義の戦争」という
大義の前提から覆すことになります。

わたしたちは歴史の授業で
こうしたマッカーサーの証言も
これまで教えられてきてはいません。

確かに日本は先の大戦で
アメリカにだけ敗けました

 

日本の歴史上、そのたった1回の敗戦で
自虐的な史観を持つように教育されました。

国の交戦権を禁じ、武装解除を目的とした憲法を持たされ
北朝鮮には国民を拉致されました。

支那(中共)には領海を侵犯をされたうえに
尖閣を自国の領土と世界に喧伝されても
何もできない状態でいます。

 

ところが、アメリカを含め世界の国々は
同じように敗戦を経験しています。

そして敗戦をばねに、二度と負けないように
したたかに努力を続けているのです

日本も、戦争に負けたからと
いつまでも亀のように頭をすくめるのではなく
わたしたち不動産投資家を含む日本国民が
いかに自国を、領土を、そして自分たちを守るかを考え
着実に実行していくことが必要と考えます。

 

その思いと、命をかけて戦ってくれた
先人への感謝を込めて今年も参拝いたしました。

※ 靖国神社は観光客含めて人が多いですが
千鳥ヶ淵の戦没者墓苑はいつも人影もまばらです。

 

★へぇ~~と思われた方はとりあえず
クリックをお願いしますm(__)m
——-↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓——-


人気ブログランキング

 

業者さんとの良い出会い

さて、話はガラッと変わりまして
不動産のお話に戻ります。

今日お会いした業者さんは
2つのS銀行(4.5% or ワイド)をほぼ使わずに
融資をひいてるそうです。

この価格が高騰した状況で
普通の物件にS銀行使ったらアウトですよね。

保有中のキャッシュフローと、売却時の出口を
きちんと計算できる物件は少ないかもしれません。

これまで一般銀行を使って
十分に融資承認をもらってきたものの
GWを明けた頃から異変が起きてきたとのことです。

 

具体例として、新築APの融資に対して

・金利1.2%の期間30年としてきた地銀Dが
金利2%弱の期間25年前後に条件を変更した

・ある地銀は物件を初めて買う投資家さんには
年収1000万円超程度では融資をしてくれない

など融資は閉じる方向に向かっているとのお話でした。

 

そして4.5%のS銀行さんもいよいよ
これまで全方位で融資を出してきた方針を
早くて今年の10月くらいに変えてくるのでは
という話もしてきました。

背景・・・というか根っこの部分は
三為業者さんとS銀行スキームの存在により
そこそこの数の投資家さんを返済不能にしたことと
巷の噂があります。

名前は書けませんが、
訴訟を何件か抱えている三為業者さんも
複数いらっしゃるようですし。

総括すると、融資という面では、
現在は渋い状況で、これからさらに締ると思われます。

 

融資が出なければ物件価格は確実に下がります。
その時こそ、買いのチャンスとなります。

融資が緩かろうが厳しかろうが
不動産投資で勝てるように考えよう、と
思った1日でした。

なお、本日お会いした業者さんとは
せっかくのご縁ということもあり
保有物件の借換えと、新規物件の融資の打診を
お願いさせていただきました。

スポンサードリンク

-融資

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

#36 融資承認の入電あり

融資承認のご連絡 新築アパートの融資承認の連絡がありました。 フルローン、期間30年、金利1%台前半が条件で この銀行さんからは4棟目の融資です。 「不動産への融資、冬の時代の到来か・・・」 と巷では …

#8 地銀Kの法人融資

今回は新規物件ではなく 借換えで持ち込んだ金融機関のお話です。 これまで融資付をお願いした金融機関の中で 最もざっくりとした融資基準を持っている・・・ それも基準と言ってよいかわからないくらいの ふん …

#7 地銀Cの法人融資

目次1 不動産投資ブームを牽引2 借入条件3 最近の動向 不動産投資ブームを牽引 この地銀がサラリーマンの不動産投資に対し 積極的に融資を始めた時 その融資条件に驚愕しました。 金利1%前後であり・・ …

#66 負債9億円を突破

規模の拡大だけを目指すのはやめよう。常に自分に言い聞かせている言葉です。 目指すのは筋肉質な賃貸経営。以前の記事「#62 商品を買うな、材料を買え!」でも書いたように、不動産投資においても材料を買う人 …

#9 S銀行ワイドローンの金利交渉

もう1つのS銀行が 積極的に販売している商品で ワイドローンがあります。 このアパートローンも 首都圏の物件価格の高騰に 大きな影響を与えました。 当方もこのローンを利用しましたが 金利交渉不可という …

プロフィール

黒の投資家と申します。
30代の兼業大家です。

不動産投資を通じ、多くの人と出会い
実りある人生に変えつつあります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。