負債8億円からの新たな挑戦~人生を変える不動産投資~

国内外の不動産投資、事業投資、海外積立投資、海外保険など・・・ 本業の傍ら、片手間で身の丈を超えた投資を積極的に行うサラリーマンのサイト。

不動産投資

#22 コンクリートから人へ

投稿日:2017年8月29日 更新日:

日本の安全保障

(不要な場合は読み飛ばしてください<m(__)m>)

今朝もミサイル発射のニュース。

国土上空を通過する弾道ミサイルを
北朝鮮にいとも簡単に発射させる日本。

自衛隊が敵基地攻撃することを目的とした
装備体系になっておらず、
米軍に対処してもらうしかない現状に
憤りしかありません。

国の交戦権を認めないとした
憲法第9条第2項を削らない限り
日本国民の安全は守ることができない。

相手が国であるならば
・・・北朝鮮が国家ぐるみで日本国民を拉致するのであれば
・・・中国が公船を使って尖閣諸島で石垣市の漁民の漁を邪魔するのであれば
国民を守れない、という現状を早く変えるしかありません。

即ち、憲法9条第2項を消さない限り
これからの日本を護れないと考えています。

国の危機が迫っているにも関わらず
日本の弱体化を図る反日メディアが跋扈し
そのメディアに雇われて、現実無視の主張を展開する
自称ジャーナリストたちでいっぱいの報道番組。

ワイドショーでは
とある市議の不倫と印刷業者への架空発注が・・・
みたいなことばかりをやってます。

これが大衆のニーズを満たす番組構成とすると
戦後の愚民政策がうまくいった証であって
本当にアホな日本国民がどんだけいるんだと
正直悲しくなってしまいます。

朝から血圧が上がりましたが
少しだけ不動産のネタも書きます。

 

スポンサードリンク

 

投資物件の探し方

さて、タイトルの「コンクリートから人へ」は
暗黒の民主党政権で掲げられたスローガンです。

「公共事業を増やしても土建業者を儲けさせるだけだ」
と叫びながら、公共事業を減らしていきました。
自らの生活基盤や経済基盤を破壊する役割を果たしましたが

それはそれとして今回の記事とは関係ありません。

投資物件を探す上での
自身の基本スタンスの変遷を
表現したものです。

物件ではなく人は探せ?

巷の不動産本では
「良い物件を買うためには物件ではなく人を探せ。」
と良く書かれています。

必要なのは自分と同じ目線を持って
物件を探してくれる業者さん。

これに異論を差し挟む余地はないし
信頼できるパートナーを見つけるということは
不動産投資に限らず全ての事業に
当てはまることであると思います。

私自身はかつては
物件中心に投資物件を探していました。

結果として特に2年前までは
所有している物件で同一の仲介業者さんから
リピート購入したものは存在しませんでした。

市場の需給変化もあります。

特に不動産投資を始めた7年程前は
今と違って買い手市場であり
業者さんから買って欲しいと
お願いされることもよくありました。

しかし、熱烈にお奨めされる物件が
自分の投資基準に合致しないことが多く
買わない理由をきちんと説明する手間を
惜しんでしまうこともままあり
そうした場合は業者さんと自然と疎遠になります。

買わない理由を説明しても
「目線が高いんだよ、お前は」と思われて
疎遠になるケースも考えられるので
結果は変わらなかったかもしれませんが(笑)

ただ、それでも人との縁や偶然を味方にしながら
一瞬の瞬発力、行動力、熱意を武器に
比較的良い物件を購入し続けることができました。

しかし近年の売り手市場の到来で
そのやり方はあまりうまくないです。

売り手としては
数多いる買い手の中で
一見さんの「あなた」を
優先する理由は存在しません。

一方で、業者さんとのつながりを大切にし
ニーズを適切に伝えておくことで
そこに当てはまる物件が出てきた時に
自分の名前・顔を思い起こしてもらえるようであれば
欲しい物件が手に入る確率は高まります。

※ もちろん「売れさえすればいい」と思っている業者さんや、
大手で機械的に融資順に売買をこなしていく業者さんでは
属性・資産でこれまで通り勝負できると思います。

最近の試み

自身の最近の試みとしては
業者さん目線合わせをするだけではなく
「志」の部分で共有できる何かがないかを
探すようにしています。

不動産に限らず話しをするうちに
例えば、冒頭に書いた安全保障でもいいですし
それ以外の趣味でも何でもいいんですが
思いを共有できる何かを見つけられると
売り手・買い手という枠を超えた濃い関係(※)を築けます。

※ とは言っても、やはり「買える客」である以上の強さには
もちろん敵いませんが。。

不動産市場はこれから
需給のリバランシングで
買い手市場に移行するかもしれません。

これまで殿様商売をしていた
売り手側のスタンスが変わり
買い手側が強くなるかもしれません。

ただ、市況によらず
これまで培った人との縁を大切にして
良い物件を買い進められるようにしたいものです。

 

★参考になりましたら、
応援のクリックをお願いしますm(__)m
——-↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓——-


人気ブログランキング

 

スポンサードリンク

-不動産投資

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

#20 業者倒産が出始める?

以前のブログの記事で 「1万円の価値がある」と感じたセミナーを 開催しているコン・パス社について書きました。 同社より以下の件名で メルマガが配信されました。 「★緊急配信『破たん業者が出始める(その …

#64 業界の闇

「某シェアハウス運営会社の事件によって、ますます業界の闇が露呈しつつあります。我々も、お客様と共に常に変化を受け入れて進化していく必要があると痛感しています。」 最近配信されたとある業者さんのメールマ …

#4 自己資金を投入する意味

自己資金を投入することの意味、をまとめます。 目次1 自己資金の重要性1.1 投資スピードへの影響1.2 「フルローンは危険」なのか?2 自己資金を投入する意味2.1 貸借対照表の資産・負債 自己資金 …

#18 実践!ボロ戸建の転売

不動産投資でコンスタントに かつ、継続的に稼ごうとする場合 ボロ物件の再生と転売は 今後も手堅いやり方の1つであると考えました。 一定規模の戸数を保持して インカムゲインを得ることと並行し ボロ物件を …

#63 大家業でもラットレース

子供の成長を見ると心が突き動かされる。 先日、5歳の長男と水泳の体験教室に行った。 決して甘やかして育てているわけではないのだが、親に似てビビりの子供。特に水が顔にかかるのを怖がる。それを第三者の力を …

プロフィール

黒の投資家と申します。
30代の兼業大家です。

不動産投資を通じ、多くの人と出会い
実りある人生に変えつつあります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。