負債8億円からの新たな挑戦~人生を変える不動産投資~

国内外の不動産投資、事業投資、海外積立投資、海外保険など・・・ 本業の傍ら、片手間で身の丈を超えた投資を積極的に行うサラリーマンのサイト。

不動産投資

#32 借換した銀行で再度借りられる?

投稿日:2017年11月3日 更新日:

今日は朝からボロ戸建の
庭の木の手入れをしてきました。

木々の生命力がたくましく
放っておくととあっという間に
伸びてしまうのでメンテが欠かせません。

リフォームが動き出したものの
売却までの道のりは長く険しいです。

 

追加の1棟購入に動く

今年は攻めの借換えを3棟実施し
既存物件の収支を年間200万円程度改善できました。

そして更なるキャッシュフロー獲得をめざし
追加で1棟の購入を目指し動いています。

買付も何本か入れました。

ただ融資が厳しい。
特に地銀。

高利回りの新築を持っていっても
担保評価割れ(首都圏の新築では当たり前!)を
理由に融資金額が伸びません。

その道のプロからすると
この状況こそ当たり前のようですが
昨年と姿勢が全く違うのは肌で感じます。

あと私の場合は、
既存の借入がそれなりにありますので
小さい地銀だと足踏みをされます。

 

逆にあるメガバンクでは
借入額は気にされる気配がなく
担当者は物件次第で出すとの回答。
(既存物件の収支が回っており
一定の資産背景があることによるものと思います。)

今は、まずメガバンクに物件を持ち込み
審査をしてもらっています。

借換した銀行で再度借りられるのか

さて、本題に入ります。

借換えをされた方は経験あると思います。

「xx銀行に借り換えます」とお話した時の
担当(借換元)の絶句と、その後の気まずい雰囲気を。

私はメンタルが強くなく
あの時の雰囲気がなかなかに苦手です(^^ゞ

それはさておき、借換えをした後
その銀行から再び融資をひくことは
可能なのでしょうか?

スポンサードリンク

サラバ2つのS銀行

昨年から今年にかけて
2つのS銀行にサヨナラをしました。

2つの銀行とも定型のアパートローン商品での取り扱いです。

1つはワイドローンのS銀行。
もう1つは4.5%のS銀行。

特に4.5%のS銀行は
攻めの金利交渉で1%台まで下げた後
数か月で借換えをしてしまったので
担当者のデスノートに載っているレベルです。

ワイドローンのS銀行も
法人へのプロパーローンの借換え(※)まで
審査してもらった後に借り換えたため
再度のお付き合いはハードルが高いです。

※ 金利が0.6%しか下がらず他行に借り換えています。

そうした心的な理由もあるのですが
現状(あくまで現状ですが)この2つのS銀行に
打診するニーズがありません。

価格が落ち着いてきたとはいえ
まだまだ高止まりしている市況で
「個人名義でもいいからとりあえず物件を押さえる」こと
以外にあまり使い道がないです。

そのため、この2つのS銀行には
借換え後は打診すらしていません。

信金・信組はいける?

信金・信組さんでは定型商品ではなく
プロパーローンでの取り扱いです。

定型商品でガンガン売っていくのではなく
営業エリアの顧客にカスタムメイドした商品となりますし
よりお客さんを大事にします。

今年、借換えを実施した際、
とある信金・信組さんの支店長さんが
自らご挨拶に来られました。

支店長さん曰く
・借換えの件は大変残念であるものの致し方ない
・ただ、今後も取引が出来ればと考えており
次回の融資の際は1%台半ばの金利で頑張りたい
とのこと。

このありがたいお言葉には、心底驚くと同時に
借換えで非常に後ろめたい気持ちになりました(-_-;)

 

また、別の信金・信組さんについては
借換えした翌月に支店担当者が変わったということで
ご挨拶がてら試しに物件を持ち込んだところ
支店の方向性として、稟議を出す方向で固まりました(^^ゞ

 

今年は、色々と不義理をしてしまいましたが
地域に根差している信金・信組さんとのお付き合いは
大切にせねばいかんですね。

心を改めます。。。

応援のクリックをお願いしますm(__)m
——-↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓——-


人気ブログランキング

スポンサードリンク

-不動産投資

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

#12 築浅区分投資のリアル①

これから何回かに分けて 区分投資の話を書いていきます。 区分に投資してどれだけ儲かったのか 実体験に基づいた数字を使って説明していきたいと思います。   スポンサードリンク   目 …

#14 築浅区分投資のリアル③

前回はトータルで 15万円しか儲からなかった 八王子区分について書きました。 今回はそれよりも ほんの少しだけ利益が出た 府中区分についての記事です。   スポンサードリンク   …

#11 新築APと建築コスト

現在の市場において 中古とさほど変わらない利回りを実現できる 新築物件の人気は根強いです。 特に土地の取得からはじめて建設する場合 業者の利益を最低限に抑えることで 木造APで表面利回り10%以上を実 …

#20 業者倒産が出始める?

以前のブログの記事で 「1万円の価値がある」と感じたセミナーを 開催しているコン・パス社について書きました。 同社より以下の件名で メルマガが配信されました。 「★緊急配信『破たん業者が出始める(その …

#23 戸建転売の利益見込み額

月末に近づき 銀行担当者から入電がありました。 「不動産融資とはお話が違うんですけど うちで新しい外貨建ての保険商品が出ましてね。 お気に召さないとは思うんですけど、 お声掛けはさせていただこうと思い …

プロフィール

黒の投資家と申します。
30代の兼業大家です。

不動産投資を通じ、多くの人と出会い
実りある人生に変えつつあります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。