負債8億円からの新たな挑戦~人生を変える不動産投資~

国内外の不動産投資、事業投資、海外積立投資、海外保険など・・・ 本業の傍ら、片手間で身の丈を超えた投資を積極的に行うサラリーマンのサイト。

不動産投資

#35 宙船

投稿日:

コインチェック騒動におされ
若干下火になりつつある(?)かぼちゃ騒動。

それでも「スマートデイズ」でツイッター検索してみると
スルガ銀行から融資を受けてかぼちゃの馬車を買った
オーナーの方々の憤りがもう凄い。。。

さらに、この騒動に便乗し
救済を謳う業者やらコンサルやらがのっかり
かなりの盛り上がりを見せている模様。

 

問題になっている賃料設定について
程度の違いはあれど、かぼちゃの馬車に限らず
そこらで新築物件を販売している業者さんもやってますよね。

表面利回りを高く見せるため
狭い部屋と高い賃料で販売素面を出してきます。

我々投資家は、自ら厳しめに評価して、最悪のシナリオも想定しながら
それでも買うかどうかを決断するものでしょう。

 

それなりに真剣に賃貸経営に取り組んでいる方々の目線では
なぜあんな高値で買うのか理解に苦しみ
購入者の不勉強や投資リテラシーの低さが目につくわけですが
まぁ、熟練の大家さんも昔は素人だったわけですし
セミナーという異質な空間で欲を刺激され、
競うように勢いで買ってしまうのもわかる気もします。

 

嵌め込まれた人はお気の毒としか言いようがないのですが
ただ、もう買ってしまったものはしょうがなく
リカバリーするために前に進むしかない。

この期に及んで、受身であったり
誰かが助けてくれることばかりを期待する人がいれば
TOKIOの宙船の歌詞を思い出していただきたい。

 

「おまえが消えて喜ぶ者におまえのオールをまかせるな」

(喜ぶかどうかはさておき、どうなっても知ったこっちゃない、
というのが実態かと思います。)

 

さて、今回の件で利益を得ていたのは
仕入・施工・販売にかかわった人たちです。

スマートデイズは当然ですが
販社も相当の利益を得たのでしょう。

中にはスマートデイズとずぶずぶの販社もいたようですが
もし故意ではなかったとしても、かぼちゃを勧めた業者からは
不動産を買わない方がよいです。

理由は単純で見る目がない。
不動産に対しても人に対しても。

知り合いに、過去の一定期間だけ取り扱っていた業者もおり
面と向かっては言えませんが、
もうほんと廃業した方が良いです(笑)

職人さんの工賃も高めに設定されていたようで
かばちゃの馬車の建築に職人さんが持っていかれてしまった、
なんて話も聞きました。
単純に仕事をしただけなのですが
割の良い仕事が出来た職人さんも中にはいるでしょう。

 

逆に不可解なのはスルガ銀行の融資承認です。
どういう腹づもりでいたのかさっぱりわかりません。

どうやって回収するつもりだったんでしょうか。

まさか、スマートデイズの事業性に賭けたわけではないでしょう。

 

素人の高属性サラリーマン大家から
最初は金利を取れても事業が続かなければ回収はできません。

仮にかぼちゃがこけた場合、
フルローンに近い融資を出していると
担保評価が足りてないから全額の回収は無理筋です。

 

そうすると、上場企業としては
株主の利益のために動くのが当然であり
購入者、連帯保証人の資産を押えて回収にいくものです。

 

しかし、素人であればあるほど、被害者であることを主張し、
さも金利交渉やリスケが当然であるかのように騒ぎます。
(嵌め込まれたのは事実なわけですしね。)

銀行サイドからみても
全くいいところがないように見えます。

 

想像にはなりますが、
最初は売り上げを伸ばす目的でシェアハウスにのっかたものの
気付けばやめられないところにきて、いわゆる茹でガエルの如く
この事態を迎えてしまったのではないでしょうか。

 

最期になりますが
この騒動で「たちばなはじめ」さんを思い出しました

私がこれまで受けた中で
最も衝撃を受けたセミナーのスピーカーです。

・借金には時効がある
・自己破産は弁護士を儲けさせるだけ。やってはいけない。
・銀行から借りた金は返さなくても良い(優先順位がある)
・銀行から融資をうけて不動産投資をしているのであれば
あなたは投資家ではない。ただの銀行の代理店だ。
・銀行には貸し手責任がある。

色々間違っているかもしれませんが、エッセンスはこんな感じでした。
これまでの借金に対する既成観念を取っ払ってくれた人でもあります。

もし興味がありましたら、ホームページを見てください。
今回の件でご相談された方が何名かいらっしゃるようです。

ちなみに、私とは何の利害関係もありませんし、
たちばなさんはセミナーを受けただけの私のことなど知りません。

 

応援のクリックをお願いしますm(__)m
——-↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓——-


人気ブログランキング

スポンサードリンク

-不動産投資

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

#34 一寸先の闇

目次1 減額通知2 運営業者3 仲介業者4 銀行5 関連 減額通知 30年長期家賃保証を謳っていた あるシェアハウス運営会社から”サブリースの減額通知”が 先月末より発送されて …

#18 実践!ボロ戸建の転売

不動産投資でコンスタントに かつ、継続的に稼ごうとする場合 ボロ物件の再生と転売は 今後も手堅いやり方の1つであると考えました。 一定規模の戸数を保持して インカムゲインを得ることと並行し ボロ物件を …

#10 信金Sの法人融資

炎天下の中、汗だくになりながら 所有物件の草むしりをしました。 敷地面積が500坪近くあり 4時間ほどかけたものの 全体の1/3も出来ていません。 立ちくらみと、日頃の運動不足により 本当に足腰が立た …

#24 地銀担当者と面談

休暇を活用し不動産業者さんと 金融機関を巡っています。 専業大家になれば物件の購入・売却のサイクルは 格段に早くなるでしょう。 ただ、1日の大半の時間を拘束される サラリーマン勤めによる固定収入は惜し …

#4 自己資金を投入する意味

自己資金を投入することの意味、をまとめます。 目次1 自己資金の重要性1.1 投資スピードへの影響1.2 「フルローンは危険」なのか?2 自己資金を投入する意味2.1 貸借対照表の資産・負債2.2 関 …

プロフィール

黒の投資家と申します。
30代の兼業大家です。

不動産投資を通じ、多くの人と出会い
実りある人生に変えつつあります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。