負債8億円からの新たな挑戦~人生を変える不動産投資~

国内外の不動産投資、事業投資、海外積立投資、海外保険など・・・ 本業の傍ら、片手間で身の丈を超えた投資を積極的に行うサラリーマンのサイト。

不動産投資

#83 危険な兆候

投稿日:

 

「二重売契」という耳慣れない言葉を一番最初に聞いたのは、とある大学教授が協賛した区分業者のセミナーだった。インターネットで検索する限りにおいて、今でもその人は現職の教授である。

従って、記事の書き方には細心の注意を払おうと思う…(嘘)。

 

知ったきっかけは参加した区分のセミナーでその教授が講師をしていたこと。不動産投資の最初に区分に手を出して遠回りをしてしまった(区分を否定しているわけではなく、目的に合致していなかったと)ことは「プロフィール」にも書いたが、当時は毎週のように区分のセミナーに参加していた。

 

フィナンシャルプランナー、不動産投資で儲かっているのかよくわからない古参の大家、などなどセミナー屋が業者と提携して集客活動をし始める中で、大学教授という肩書きは珍しかった。むろん、その肩書きを最大限に活用して、セミナー参加者の信用を得ようとしていたことは明らかなのではあったのだが…。

 

【お詫び】

これまで「お問い合わせ」フォームのメールアドレスを間違えて設定しており、不着の状態となっていました。

問い合わせしたのに返事がないと思った方は、大変お手数かけますが、再度お問い合わせいただければ幸いです<m(__)m>

 

続きを読まれる方はポチッと応援お願いしますm(__)m
——-↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓——-


人気ブログランキング

スポンサードリンク

 

その教授はかなりの数の区分を所有していたが、1棟ものはアパート1つを所有していただけと記憶している。

「10万円相当のノウハウを詰めた教材をセミナーで無償で配る」という触れ込みで集客しており、セミナーの内容は区分に偏ったものだ。立地、設備、間取り、階数、など区分投資で考慮すべき点など、今となっては当たり前の知識を丁寧に説明してくれた。

 

当時、ものを知らなかったぼくが驚いたのが二重売契とオーバーローンの話。もちろんあからさまにやる…というわけではなく、契約後に瑕疵等が発覚して価格交渉の結果、減額になるというシナリオだ。当時「えっ!?それってまずいんじゃないの?」と思う気持ちと、「物件たくさん買う人はそうやって自己資金を温存しながらやっているんだな」と納得する気持ちがあったのを覚えている。

 

教授は様々な業者のセミナーに出ていた。中には比較的まともな業者もいたのかもしれないが、後に「かぼちゃの馬車」を積極的に販売する業者もあらわれる。当時も新築区分を販売しており、常に養分となる投資家を探している典型的なクソ業者だった。

 

道義的な問題…いや、問題にすらならないのだろうが、提携する業者くらいは選別した方が良いと思う。

 

ぼくごときの拙い経験では、業者さんからセミナーを依頼されるなんてことはまずない。

逆にぼく自身が業者さんにセミナーをやりたいと売り込むことは、どうにも生活が困窮して本当にキレイ事を言っている場合ではなくなった時以外はないだろうが(そもそも需要がないが)、もしセミナー屋になる時にはセミナー屋の流儀として(?)業者さんは選ばせてもらうwww

 

結局、教授の紹介で物件を買うことはなかった…と言いたかったが、なんと1区分買っていたことを完全に失念していた…。

#16 築浅区分投資のリアル⑤」で1000万円儲かったと書いた新宿区分だ。。。「なんだ儲かってたのか。教授、あんた実はいいやつじゃないか」…と今さら言ってみる(笑)

(物件自体が良かったというよりは、売るタイミングが良かっただけなのですが・・・)

 

しかし、その後は良くない噂を耳にする。

例えば、太陽光関連のビジネスで金を集める…これは新宿区分を仲介した業者から「1口どうか」と言われ、丁寧にお断りした。

最初出していた配当も途中から途絶えたとも聞いており、結果的に昔も今も流行のポンジスキーム化したのでは?と危惧を持っている。(実態はわかっていません。)

 

さらに、良くない噂は続く。

この教授、今では破産している上場会社の取締役に一時なっていたが、株価を吊り上げようとした粉飾決算の疑惑で、その会社に証券取引等監視委員会の強制調査が入った。その教授自身は、強制調査が入る直前に取締役会で解任されたようだが、何かしらの正義を貫こうとしたのか、はたまた違うのかはわからない。

 

元大家が業者のようになり、これまで慣れ親しんできた不動産投資ではなく、
何かしらスキームを持ち出して、ファンドを組んだり、金集めして(融資を引いて)事業を展開するときは危うさを感じる。

 

民泊系…はもう下火かもしれませんが、バイオマス系(?)の発電とか、住宅ローンを使った賃貸併用系(?)とか。

果して想定通り着地するのだろうか。

 

最後まで読んだついでにポチっと応援お願いします!m(__)m
——-↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓——-


人気ブログランキング

スポンサードリンク

 

-不動産投資

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

#11 新築APと建築コスト

現在の市場において 中古とさほど変わらない利回りを実現できる 新築物件の人気は根強いです。 特に土地の取得からはじめて建設する場合 業者の利益を最低限に抑えることで 木造APで表面利回り10%以上を実 …

#43 【赤字覚悟】戸建の内装フルリフォーム費用(続)

昨年購入した戸建のうち1戸は 利益300万円を出して売却できました。 (⇒ #37 戸建転売で利益300万円) そしてもう1戸、現在リフォーム進行中の… 1年以上もリフォーム進行中のボロ戸建のリフォー …

#18 実践!ボロ戸建の転売

不動産投資でコンスタントに かつ、継続的に稼ごうとする場合 ボロ物件の再生と転売は 今後も手堅いやり方の1つであると考えました。 一定規模の戸数を保持して インカムゲインを得ることと並行し ボロ物件を …

#65 1年越しのリフォーム完了

ボロ戸建のリフォームがやっと先週末に完了しました。 期間にして1年以上。時間もかかりましたがコストもかなりかかりました。 費用を抑えるために、プロパンガス屋さんに設備を貸与してもらうなど一定の工夫はし …

#57 尊敬する先輩投資家

  久々に風邪をひき39℃近い熱が出てしまった。 2日間寝こみ熱がようやく引いたので、ボロ戸建のリフォーム状況を見に行く。工事の進捗はいつも通りきっちり遅れている(?)との報告を事前にうけて …

プロフィール

黒の投資家と申します。
30代の兼業大家です。

不動産投資を通じ、多くの人と出会い
実りある人生に変えつつあります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。